【確定】2021年度(令和3年)共通テストの日程

大学受験

出題方法の騒動に加え,コロナを発端とする紆余曲折を経て,ようやく2021年度の共通テストの日程が決まりました。気づけば,あと半年ちょっと・・・。

スポンサーリンク

共通テストの日程の変更

「変更」と書きましたが,正確には「追加」です。

・2021年1月16,17日(第1日程)

・2021年1月30,31日(第2日程。第1日程の追試も兼ねる)

・2月13,14日(第2日程の追試)

のいずれかを受験することになります。

第2日程を受験できる人は?

第2日程は、休校のための救済策であるため,浪人生は対象外となり,対象者は希望するすべての現役生ということになります。

スポンサーリンク

現役生はどちらの日程を受験する方がいい??

例年通りの1月中旬に加えて,その2週間後にも受験の機会が設けられ,現役生は希望する方を選ぶことができます。どちらを受験する方がよいのでしょうか?

国立大学が第1志望の場合

まず,国立大学が第一志望の場合について検討します。

この場合,多くの私立大学をすべり止めとして受験する予定がなければ,日程的には2週間遅らせても問題がなさそうです。

今年は共通テストの初年度で,内容や出題形式の見当がつかないため,第1日程の試験をよく精査して2週間でテコ入れをすることができるでしょう。

例年,センター試験の追試は本試験よりも難易度が高いと言われていましたが,今年は,第2日程をもうけた趣旨を考えると,第1日程と第2日程の難易度を大きく変えることはないのではないかと思います。個人的な考えにすぎませんが。

そうであれば,センター試験の点数が占める割合が高い国立大を第一志望としている現役生は,第2日程を選んでもよいかもしれません。

ただし,リスクとして考えられることは,受験時になっても有効なワクチンが開発されておらず,またコロナが流行して運悪く感染し,第2日程を受けられなくなった場合には,第2日程の追試を受けざるを得ず,その場合には試験内容の難易度が上がり,国立の二次試験や私立大学の入試日程にも影響を与えることになるので,検討が必要でしょう。

私立大学が第一志望の場合

さて,私立大学が第一志望の場合ですが,これは第1日程一択ではないかと思います。

まず,私立大学の場合,センター試験入試以外はセンター試験の重要度が高くないですし,第2日程を選んで,万が一コロナ等にかかって追試を受けざるをえなくなった場合,その追試は2月中旬となり,私立大学の入試の真っ最中です。

日程的に,第1日程以外に選択肢はないと思われますので,腹を据えて計画を立てて勉強するのみです。

スポンサーリンク

この措置は浪人生にはデメリット!?

さて,第2日程は現役生だけが対象となったわけですが,それは浪人生にとってはどのような意味を持つのでしょうか。

まず,第2日程云々よりも前に,現役生の3か月の休校について考えてみたいと思います。現役生と浪人生との最大の違いは,「時間」です。現役生が3年かけて勉強する内容を,浪人生は4年かけて勉強します。さらに,受験する年についていえば,現役生が,前半はまだ部活をしながら,さらには毎日学校に行きながら(体育も美術の授業も受けながら💦)受験勉強をしている一方で,浪人生は朝から晩まで受験勉強のみをします。当然,受験勉強に費やす時間は浪人生の最大の武器であり,現役生に対するアドバンテージになります。

ところが,この休校のために,ほぼ全国の高校3年生が3か月間,部活もせずに,遊ぶことも禁じられて家にいたのです。

もちろん,「やる気が出ない」なんて言いながら家にいた現役生もいたでしょうが,目標を高くもっている志ある現役生ならば,自分には不要な学校の授業や行事などに時間を取られずに,ひたすら自分に合った勉強をする時間を3か月ももらえたのです。

夏休みは受験の天王山,なんていいますが,それでも40日間です。休校はその倍以上におよび,その後も時差登校や部活や行事等の縮小により,確実に例年の現役生の数倍,自分の好きな勉強をすることができているのです。

これは,今年の浪人生にとっては脅威となると言わざるを得ません。

さて,その現役生が第2日程を選べるようになったことは,浪人生にとってどのような影響があるのでしょうか。

第2日程の最大のメリットは,第1日程の試験内容を知ったうえで受験できる,ということに尽きると思います。

ただし,コロナの脅威がなくなったわけではないため,どれほどの現役生が第2日程を選ぶかは未知数です。

また,多くの難関国立大学における共通テストの得点の割合は低いですから,もし第二日程を選べたとしても,浪人生は第一日程で共通テストを終わらせていたのでないかと思います。

現役生の動向が気になる気持ちは分かりますが,心を乱さずに,淡々と自分の勉強をするしかないでしょう。

スポンサーリンク

大学入試の試験範囲が狭まる!?

文部科学省は,共通テストの日程を変更することとともに,内容にも「配慮」するよう大学に通達を出しています。

高3で学ぶ内容(数3など)からはできるだけ出題しない,という指示です。ただし,これは個々の大学の裁量に任されているので,どれほど実現されるかは不明です。

結局のところ,コロナの脅威が続く限りは,例年通りに粛々と受験対策を進めるしかなさそうです。